居宅療養管理指導

居宅療養管理指導

薬剤師の訪問サービス(居宅療養管理指導)

居宅療養管理指導、こんなときに!

  • 複数の病院から薬がでており管理が難しい
  • 薬の飲み忘れがなくならず、いつの薬だったか分からなくなる
  • 家族が忙しくて薬局まで薬を取りに行けない
  • 通院が遠くて身体に負担が。。。
  • 薬を飲み忘れてしまった時に相談したい

具体的なサービス内容

薬局からお薬を配達いたします。薬局に取りに来ていただく必要はございません
容態急変時などの緊急時の処方も薬剤師がお届けしますのでご安心ください。
必要に応じて、介護用品や栄養補助食品などをお届けすることも可能です。

せっかく処方された薬も正しく服用できないと効果を発揮することができません。
薬剤師が直接訪問することで、ご利用者様の飲み残し等の状況を把握した上で、適切な服薬指導やアドバイスを行います。

担当の薬剤師が処方医やケアマネージャーへの報告を責任を持って行います。
情報を共有することで、ご利用者様の生活の質の向上につなげます。

薬に関するさまざまなギモンや不安(飲み合わせ、副作用、飲み忘れた時の対処、保管など)についても、なんでもご相談いただけます。
薬剤師が直接お答えいたします。

訪問できる施設の種類

医師の指示のもと患者様のご自宅、入居施設(施設の種類については下記)を訪問いたします。

  居宅療養管理指導
(訪問薬剤管理指導)
南部町の該当施設
サービス付き高齢者向け住宅 なし
養護老人ホーム ×
特別養護老人ホーム ×
軽費老人ホーム(ケアハウス) なし
老人保健施設 ×
グループホーム グループホームおちあい
有料老人ホーム なし

〈事例1〉服薬アドバイスで便通がよくなった

山間部の自宅で介護されていたご夫婦の依頼で、居宅療養管理指導で訪問したところ、服薬状況から便秘薬をほとんど飲ませておらず、患者の便秘症状が悪化していたことが判明したことがありました。
お話を聞くと、以前に同じ便秘薬でひどい下痢を起こしたことがあり処理にとても苦労された経験があったとのことで、それ以来服用を躊躇するように。 便秘薬の飲み方を少しずつ調整するようにお願いしたところ、見事に改善がみられました。

〈事例2〉専門的な細かいサポートができます

グループホームからの依頼で、施設内の薬の管理を任されることがあります。
複数の患者さんが対象のため薬が混同しないように、さらに施設スタッフの負担にならないように一包化(朝・昼・夕など、服用するタイミングが同じお薬や、1回に複数個服用するお薬を1袋ずつパックにすること)をして間違いが起こらないよう配慮したり、残薬の回収などの調整を行います。

居宅療養管理指導のよくある質問

  • 居宅療養管理指導はどうやって利用するの?
    • まずは薬局までお気軽にご相談ください。
      居宅療養管理指導には医師の指示が必要となるため、医師の同意を得てからの開始となります。
      また、居宅療養管理指導の開始に当たっては、他の介護サービスと同様に、あらかじめ契約書による契約を結ぶ必要があります。
  • 居宅療養管理指導の費用はどのくらい?
  • 月2回、往診に来てもらった時にしか診てもらえないのですか?

お問い合わせフォームへ