マツマスアドバイス(仮)

乾燥肌

寒くなったり暖かくなったり、気温差が激しい時期は体調も崩しやすいものです。体調管理には十分気を付けてくださいね。さて、今回は寒い時期によく問題となる乾燥肌についてお話したいと思います。

乾燥肌はなぜ冬に起きやすい?

肌の表面には、汗と皮脂が混ざってできる、いわば天然の保護クリームがあり、外界からの刺激を遮断する役割を果たしています。気温が低下すると、体は体温が下がらないように血管を収縮させます。その結果、肌の表面などの末端まで十分な血液が行き渡らなくなり、皮脂や汗の分泌も減少してしまいます。こうして肌のバリア機能が低下すると、外界からの刺激に敏感に反応しやすくなり、かゆみを伴うようになります。そこで搔きむしったりすると、肌のバリア機能はさらに低下し、悪循環となります。エアコンの普及で空気が乾燥しやすくなったことも、乾燥肌を招く要因となっています。

乾燥肌に適した薬は?

乾燥肌が進むとかゆみが生じるようになります。そこでかゆみ止めの薬を使いたくなりますが、それだけでは根本的な解決にはなりません。肌のバリア機能を回復させるために、保湿剤が有効です。ただし、保湿剤の一つである尿素は、肌の荒れがひどい場合は強い刺激を感じることがあります。その場合は尿素以外の保湿剤を選ぶようにしましょう。ステロイドなどの炎症を抑える成分は特にかゆいところへ局所的に、保湿剤は乾燥しやすい部位へ広めにと使い分けると良いです。特にお風呂上がりの直後は保湿効果が格段に高まるため、お風呂から上がったら直ちに保湿剤を使うようにするとより効果的です。あまり症状が強い場合は、市販の薬だけに頼らず皮膚科を受診するようにしましょう。

乾燥肌にならないために

肌のバリア機能を保つために、体を暖かくして空気が乾燥しないようにしましょう。加湿器や濡れたタオルを室内にかけたりするのも良いです。また、お風呂で熱めのお湯に入ったり、肌を激しく洗ったりすることも、肌のバリア機能の低下につながります。40℃くらいの温めのお湯にゆっくり10分程度入り、体の芯から温まるのがお勧めです。

また、皮膚には、体の内側から材料となる栄養素をバランスよく補給し続けることが大切です。材料となるたんぱく質をはじめ、各種ビタミン群もバランスよく摂取しましょう。