マツマスアドバイス(仮)

アレルギーと薬

花が咲き乱れ、いよいよ春本番となってきました。この時期は、花粉症をはじめとしたアレルギーに悩まされる方も多いのではないでしょうか?今回は、アレルギーと薬についてお話したいと思います。

アレルギーはなぜ起こる?

人は、外部から侵入した異物(「抗原」)から体を守るために、「抗体」と呼ばれる異物を認識して攻撃するための物質を作り出し、体を異物から守っています。これが、「抗原抗体反応」と呼ばれる免疫の仕組みです。

本来、体を守ってくれるはずのこの仕組みですが、過剰に反応を起こして人体に有害になる場合があります。それがアレルギーと呼ばれる症状です。

アレルギーの薬、市販薬と病院の薬はどこが違う?

花粉症などで使うアレルギーの薬は、病院から出される薬の他、市販薬もたくさん売られています。それらの薬はどこが違うのでしょうか?

アレルギーの薬としてよく使われているのは、「抗ヒスタミン薬」と呼ばれるアレルギー反応を抑える薬です。市販薬に良く使われるものは、効き目が早く出やすい反面、症状が切れるのも早く、効果が安定しにくいという特徴があります。対して、病院でよく使われるものは効果が出るまで時間がかかる反面、効き目が安定しやすいという特徴があります。

症状が軽いうちは市販薬でも対応できますが、症状が重くなり四六時中アレルギーに悩まされるような場合は病院を受診した方が良いでしょう。受診する場合は、アレルギーのシーズンが本格化する前の早めの段階から薬を飲み始めることをお勧めします。

また最近、一部の病院の薬は、同じ成分の薬が市販でも買えるようになってきました(「スイッチOTC」と呼ばれています)。忙しくて受診が難しい方は薬局へご相談くださいね。

アレルギーになりにくい体作りをしましょう!

アレルギーの原因となる花粉などの異物(抗原)は、目、鼻、喉などの粘膜を通して体に侵入してきます。すなわち、粘膜を健康な状態に保つことが、異物の侵入を防ぐ上で大変重要になってきます。粘膜の元となる栄養素は、ビタミンAやオメガ3脂肪酸などがあります。緑黄色野菜やお魚、シソ油やごま油などに豊富に含まれているので、バランスよく摂取しましょう!