ヤマト薬局の予防医療

いかに体を冷やさないか(体温と免疫のこと)

いかに体を冷やさないか(体温と免疫のこと)

みなさんの体温はどのくらいですか?多くの人は36.5度前後ではないでしょうか。今回のお話は体温と免疫についてです。

体の体温が1度でも下がると、免疫力はなんと30%も落ちてしまいます。外界からの菌やウイルスをやっつけるために免疫力は非常に大切です。ではこの免疫力、人間のどこに集中していると思いますか?

それは「お腹」です。昔から「腹を冷やすな」とよく言われたものです。私が小さい頃は全く理解できなかったですが予防医療を学んだことで今はよくわかります。免疫力向上にはお腹を冷やさないこと、体の体温を上げておく必要があります。

予防医療協会がおすすめしている体温向上方法は、入浴温度40℃位でゆっくりと入浴をすること。半身浴でもいいです。シャワーだと十分に体が温まりません。目安としては入浴約10分位です。40℃位の温度が体の芯まで温かくなりやすいです。次に運動です。うでふり運動がおすすめです。どこでもできますから。運動をしながら「今ミトコンドリアが活性化して頑張っている」と思いながらしてくださいね。ミトコンドリア活性化→筋肉を動かす→体温上昇→免疫力増強です。

寒い時期など体が冷えてきたな、と思われたらうでふり運動で体を温めましょう。

これで風邪をひかない体になるかも。