ヤマト薬局の予防医療

日本の社会保障の将来

これから日本の人口は減少していきます。
しかし65歳以上の高齢者数は増えていくそうです。
このままいくと、2048年(今から32年後)には日本の人口が1億人を切るそうです。

では医療・介護・福祉・年金といった社会保障はどうなるのでしょうか。
これらの制度は今のまま維持されるのでしょうか?私たちの負担も変わらないのでしょうか?

答えは、きっと“NO”でしょう。

医療・介護の保険料は上がっていき、診療費の自己負担額(現在3割~1割負担)も上がります。老後の年金もカットされる可能性が高いのではないでしょうか。
この問題はあなたの現在の年齢によって受け止め方に違いがあるかもしれません。

人生80年といわれるこの時代、食べること、歩くことをいつまでも人に頼ることなく生活できる社会であれば、医療や介護が必要となったとき、十分な手当てが受けられる社会が続いているのではないでしょうか。
予防医療の取組みとは、こんな社会作りの一助になることだと思います。 腕ふり、バンザイストレッチ、スロー階段登りこんな小さな努力、継続が健康寿命を維持するコツではないかと思います。