マツマスアドバイス(仮)

お薬手帳の活用術

すっかり暑さも本番となりましたね。さて、今回は意外と知られていないおくすり手帳の機能や活用法についてお話したいと思います。

おくすり手帳とは

病院や医院のお薬は、一人ひとりの病気に合わせて処方されています。
「おくすり手帳」とは、あなたに処方されたお薬の名前や飲む量、使用回数、薬を飲む時の注意などを記録し、携帯するための手帳です。
お近くの保険薬局で手に入れることができますので、お気軽にご相談下さい。
1人1冊必ずお持ちになって、あなたのお薬の管理にお役立て下さい。

医療機関、薬局では必ず「おくすり手帳」を見せてください。

皆さんは医療機関の受診時におくすり手帳を持参するようにしていますか?
お薬手帳の最も重要な役割は、医師・歯科医師、薬剤師などにおくすり手帳の内容をチェックしてもらい、同じ成分の薬の重複や、飲み合わせの悪い薬の組み合わせが見られないかを確認してもらうことにあります。
お薬手帳はどの病院・薬局でも共通して利用することが可能です。病院ごとに別々に手帳を持っている方は手帳を「1冊に」まとめるようにしましょう。
現在飲んでいる薬が1冊の手帳にまとまっていないと、必要なチェックができなくなってしまいます。

もっと便利に!お薬手帳の活用術

○おくすり手帳には、アレルギー歴・副作用歴・既往歴を書く欄があることをご存知ですか?これらの経験がある方は是非手帳にその情報を記入しておきましょう。お薬をより安全に服用するために重要な情報です。

○薬局・薬店で市販のお薬を買った場合や、日常よく飲まれているサプリメントは、お薬手帳に書いておくようにしましょう。市販薬と病院の薬でも飲み合わせが問題になることは意外と多いです。

○お薬を飲んでいてわからないことや困ったこと、飲んでいて気になった体調の変化などは、手帳にメモしておくと良いです。受診時におくすり手帳を確認してもらうことで、伝え忘れを防止することができます。余っているお薬の数も手帳に記載しておけば、残薬の調節もしてもらえます。

ヤマト薬局では薬の名前の横に残薬の記入欄を作りましたので、ご活用ください。

最後に

東日本大震災の時には、おくすり手帳の記録が大変役に立ったと言われています。
自分の飲んでいる薬の名前を正確に言える人はとても少ないのです。世の中には似た名前のお薬もたくさん存在します。いざという時に自分の飲んでいる薬が正しく伝えられないと、思いがけない健康被害が出るかもしれません。災害時や旅行時など、常に手帳を携帯するようにしておくと、いざという時に安心です。
おくすり手帳はみなさんの健康を守る「手帳」です。是非とも有効に活用して、あなたの健康にお役立ててください。