マツマスアドバイス(仮)

ピロリ菌とは

日差しも暖かくなり、いよいよ本格的な春到来となってきましたね。今回はピロリ菌の話をしようと思います。

ピロリ菌とは

胃の粘膜に住みつく菌。一度感染すると多くの場合、除菌しない限り胃の中に棲みつづけます。ピロリ菌に感染すると炎症が起こりますが、この時点では、症状のない人がほとんどです。ピロリ菌の影響で胃潰瘍や十二指腸潰瘍、萎縮性胃炎、胃がん、さらには全身的な病気などを引き起こすおそれがあることが明らかになってきました。
ピロリ菌の感染経路については十分に判明していないのが現状ですが、大部分は飲み水や食べ物を通じて、人の口から体内に入ると考えられています。特に幼児期の胃の中は酸性が弱く、感染しやすいと考えられています。

ピロリ菌に感染したら

感染したピロリ菌は「ウレアーゼ」という酵素でアンモニアを作り出して胃酸を中和することで、胃の中の強い酸性状態下でも生き延び、胃の粘膜が障害されると考えられています。日本では、胃・十二指腸潰瘍の90%以上でピロリ菌陽性となっています。
ピロリ菌の検査は、胃・十二指腸潰瘍の再発を繰り返す方や胃炎の方などは、健康保険で検査を受けることができます。人間ドックなどでも希望すれば自費で検査を受けることができます。
ピロリ菌の検査で陽性となった場合、ピロリ菌の除菌を行います。ピロリ菌の除菌は、3種類の薬を一週間服用して行います。約8割の方は除菌に成功しますが、除菌の成功率は100%ではないので、除菌が成功しているか確認を行うことがとても重要です。薬の服用を忘れてしまうと除菌の成功率が下がるので、薬はしっかり一週間飲みきるようにしましょう。