マツマスアドバイス(仮)

かかりつけ薬局を持ちましょう!

暖かくなって春の到来を感じますね。今年の4月には調剤報酬改定が実施され、お薬に関する制度に様々な見直しが入りました。そこで、今回はお薬手帳とかかりつけ薬局についてお話したいと思います。

お薬手帳って何?

お薬手帳とは、あなたが病院や薬局でもらったお薬の名前や飲む量、使用回数、薬を飲む時の注意などを記録し、携帯するための手帳です。薬局の窓口などでいつでも発行できますので、お気軽にご相談ください。
お薬手帳の最も重要な役割は、医師・歯科医師、薬剤師などにお薬手帳の内容をチェックしてもらい、同じ成分の薬の重複や、飲み合わせの悪い薬の組み合わせが見られないかを確認してもらうことにあります。お薬手帳はどの病院・薬局でも共通して利用することが可能です。病院ごとに別々に手帳を持っている方は手帳を「1冊に」まとめるようにしましょう。
現在飲んでいる薬が1冊の手帳にまとまっていないと、必要なチェックができなくなってしまいます!
また、急病や災害などの緊急時には、お薬手帳が非常に役立ちます。いざという時に備えて、お薬手帳は常に携帯しておくと安心です。

お薬手帳を持っているとお薬代が安くなる?

4月からの制度の改定で、定期的に同じ薬局に来られている方は、お薬手帳を持参するとお会計が少し安くなるようになりました。
この改定の理由の一つは、お薬手帳をもっと普及させることで、薬の安全な利用を促進することにあります。お薬の重複などの無駄を無くすことで、医療費の軽減にもつながります。
もう一つの理由として、かかりつけ薬局の促進があります。お薬手帳を持参してお会計が安くなるためには、定期的に同じ薬局に来ている必要があり、初めて行く薬局では安くなりません。かかりつけのお医者さんがいるように、薬局もかかりつけの薬局を持っていると様々なメリットがあります。それについて、次にお話します。

かかりつけ薬局を持ちましょう!

複数の病気を抱えていると、複数の病院にかかることが増えてきます。そうすると、知らない間に薬の重複や飲み合わせの悪い薬が処方されることも増えてきます。病院は一つに絞ることは難しいですが、薬局は一つに絞ることが可能です。一つの薬局でお薬を一元的に管理してもらうことで、薬を安全に服用しやすくなります。
また、顔なじみの薬局・薬剤師を持っておくことで、薬や健康に関する相談が行いやすくなるのも大きなメリットです。ヤマト薬局はあなたの健康を全力で応援しますので、健康や薬に関する相談もお気軽にしてくださいね!