マツマスアドバイス(仮)

花粉症の
セルフケア

みなさんは花粉症でお困りではないですか?
今年の中国地方のスギ花粉飛散量は平年並みか例年よりも少し多いくらいです。花粉症の方は今年も注意が必要でしょう。
今回は、花粉症についてお話したいと思います。

花粉症とは

体の免疫が花粉に過剰反応することによって起こるアレルギー疾患で、さらさらした鼻水、くしゃみ、鼻や目のかゆみ、鼻づまりなどが主症状です。花粉と接触したあと数分ないし数時間以内に症状があらわれ、特定の季節(花粉の種類によって時期は異なる)に反復することが多いです。鼻症状を繰り返すうちに、喘息発作が起こったり、便秘や下痢などの消化器系症状や片頭痛を伴うこともあります。

花粉症のセルフケア

①マスクとめがね
ご自分でできるセルフケアとしては外出時にマスク、めがねをして、原因の花粉を少しでも体の中に入れないようにしましょう。

②外出時
花粉情報に注意し、花粉飛散が多いときには無駄な外出は避けるようにしてください。家にいる場合でも、花粉飛散の多いときには窓の開け閉めに注意をしましょう。もし、外出する場合には花粉のつきやすいけばけばした服を着ることは避け、家に入る前に十分に花粉を落とすようにしましょう。

③うがい、手洗い
外出後には顔を洗い、うがいと手洗いをすることをお勧めします。

④食事、睡眠、ストレス
鼻粘膜の状態を良くするように、悪化の因子であるストレス、睡眠不足、飲みすぎなどを抑えることが必要です。

これらを実行することで全く症状をなくすことは不可能ですが、少しでも症状を軽くすることができると考えます。軽い運動などは花粉防御をしたうえでは推奨されると思われます。それでも毎年花粉症がひどくなる人は、早めの薬の服用をおすすめします。症状がひどくなってからでは、薬の効き目が出るまでかなり時間がかかってしまいます。セルフケアと医師薬剤師による治療を含め、 花粉症の季節を快適に過ごせるよう努力してみてください。