マツマスアドバイス(仮)

介護保険とは

秋になり寒くなりましたね。風邪をひかないように注意して下さい。
さて、8月よりヤマト薬局ではヤマト居宅介護支援事業所を立ち上げました。
医療のみならず介護でも南部町にお住まいの方や南部町以外にお住まいの皆さんのお役にたちたいと思い事業所を開設いたしました。

今回は介護保険について少しお話をさせていただければと思います。

介護保険とは

高齢者の暮らしを社会みんなで支えるしくみで平成12年からスタートしました。40歳以上の人は介護保険に加入し保険料を支払います。その保険料や税金を財源として介護が必要な人は、費用の一部を負担するだけで様々な介護サービスを受けることができます。要介護認定によって介護給付が、要支援認定によって予防給付が、原則1割の自己負担で受けられます。

加入する人はどんな人?

①65歳以上の者(第1号被保険者)と
②40歳以上65歳未満で医療保険に加入している者(第2号被保険者)に分けられます。

実際に介護保険サービスを受けるには要介護または要支援の認定を受ける必要がありますが、第2号被保険者で認定を受ける場合は、特定の疾病にかかっている方に限られています。

最初にどこに相談すればいいの?

南部町では健康福祉課・健康管理センター「すこやか」に相談して下さい。(西伯病院の隣にあります。)☎0859―66―5522
書類は法勝寺庁舎・天萬庁舎でも受け付けるそうです。
相談できることは以下のようなものがあります。
・介護保険要介護(要支援)認定申請の受け付け
・介護給付の給付申請(高額介護サービス費、福祉用具購入費、住宅改修費など)の受付
・介護サービス利用についての問い合わせ
・介護保険料についての問い合わせ

介護保険について興味があるけど何から始めればよいか分からない、介護保険についてもっと話を聞いてみたい、という方はヤマト居宅介護支援事業所でも相談を承っています。薬局の窓口でお気軽に声をかけて下さい。