マツマスアドバイス(仮)

手足口病とは

気温がどんどん上がってきて、今年も暑い夏がやってきますね。今回は、今の時期に流行しやすい手足口病についてお話します。

手足口病とは

手足口病は、夏かぜの一種と言われています。手のひらや足の裏、口腔内に水疱が発生するため、「手足口病」という名前が付いています。通常、ウイルス性の風邪はウイルスが活発に活動する冬に流行するのですが、手足口病の原因ウイルスであるコクサッキーウイルスやエンテロウイルスは、夏の高温多湿の環境で活発に活動するのが特徴です。
最も感染しやすい年齢は1~5歳で、感染者の約90%が5歳以下の乳幼児となっていますが、成人でも感染することがあるので注意が必要です。
手足口病は5月ごろから感染者が出始め、毎年6~9月の夏季に流行し、2~3年ごとに大流行が起こっています。

症状

手足口病の特徴的な症状は、手のひらや指、ひじ、足の裏、膝の裏、お尻(足の付け根)にできる2~3mm(米粒大)の水疱です。この水疱は、2~3日で褐色の斑点となり、1週間程度で消失します。
また、初期症状として、感染者の約30%に38度前後の発熱が見られますが、通常は1~2日で自然に解熱します。
手や足にできる水疱は、基本的に痛みやかゆみはほとんどありませんが、口腔内の水疱が潰れて潰瘍となり、食べ物や飲み物がしみて、痛みを伴うことがあります。口腔内の痛みによって、水分補給ができず、脱水症状に陥るお子さんもいますので、注意しましょう。

感染予防と対処法について

基本的な対策は、接触感染を予防するために手洗いを流水と石けんでしっかり行うことと、排泄物を適切に処理することです。特におむつを交換する時には、排泄物を適切に処理し、しっかりと手洗いをしてください。 また、タオルの共用は避けるようにしましょう。
手足口病に特別な治療方法は無く、基本的には1週間から10日程度で自然に治癒します。脱水症状を起こさないように、水分補給には気をつけましょう。
しかし、まれに髄膜炎や脳炎などの合併症が起こる場合があるため、経過観察をしっかりと行い、高熱が出る、発熱が2日以上続く、嘔吐する、頭を痛がる、視線が合わない、呼びかけに答えない、呼吸が速くて息苦しそう、水分が取れずにおしっこがでない、ぐったりとしているなどの症状がみられた場合は、すぐに医療機関を受診するようにして下さい。