マツマスアドバイス(仮)

防災特集

台風の襲来も増え、いよいよ秋本番となってきましたね。各地で「経験したことのないような大雨」との報道もよく耳にするようになってきました。そこで、今回は地震や大雨等の災害時の備えについてお話してみたいと思います。

災害時に備えて用意しておきたい防災グッズは?

・飲料水、非常食:3日分そなえてあれば安心です。飲料水は一人1日3Lが目安。非常食は直接火にかけなくても食べられる食品が理想的です。

・医薬品:常備薬、三角巾、包帯、ガーゼ、絆創膏、ピンセット、消毒薬など。特に持病のある方はいざという時に薬を持ち出せるようにしておきましょう。

・衣類:重ね着で温度調節がしやすいもの、毛布、タオル、軍手、雨具、カイロなど

・貴重品:現金(10円玉等、硬貨も)、預金通帳、印鑑、保険証など

・アウトドアグッズ:懐中電灯、携帯ラジオ、ろうそく、マッチ、卓上コンロ、簡易トイレ、新聞紙、トイレットペーパー、洗面用具、ウェットティッシュ、ビニール袋など

・その他役に立つ日用品:布粘着テープ(メモ用紙代わりやガラスの破片の除去にも)、ラップ(水不足時に食器に使用など多用途で活躍)、風呂敷、梱包用紐など

・非常用持ち出しバッグ:非常時に持ち出すものをあらかじめリュックサックに詰めておき、いつでも持ち出せるようにしておけば安心です。

災害時に慌てないために

いざという時にどこへ避難すればよいか、避難場所は日頃から確認しておきましょう。避難場所はお住いの自治体のホームページから確認できます。災害用伝言ダイヤル「171」は災害時の電話が繋がりにくい状態でも伝言を録音することができます。覚えておくと良いでしょう。

お薬手帳を忘れないようにしましょう!

災害のような非常時に、とても力を発揮するのがお薬手帳です。これまでの震災時などでも、お薬手帳を持参出来ていれば処方箋なしでお薬を受け取れたケースもありました。お薬手帳はあなたの命を守る手帳です。手帳の情報は常に新しい状態にしておき、いつでも持ち出せるようにしておいてくださいね!